白水社 白水社
書籍の検索 →詳細検索はこちら
 
教科書検索はこちらから買い物カゴを開く
白水社 白水社 白水社
■ トップページ
■ 耳より情報 ■ 新刊情報 ■ おすすめ本 ■ 全集・シリーズ ■ 白水Uブックス ■ 文庫クセジュ ■ 語学書 ■ 雑誌『ふらんす』
■ 岸田國士戯曲賞 ■ パブリッシャーズ・レビュー ■ クラブ白水社 ■ メルマガ「月刊白水社」 ■ 教科書見本 ■ 連載・エッセイ ■ 書店様向けページ ■ 電子書籍
ただいまの面出し本
沿線の暮らしから日本の歩みが見えてくる
地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み
関東(1)東急・小田急

今尾恵介 著

世界に冠たる「鉄道王国」日本の歩みを、鉄道会社の職員やその許認可を担当する事務官、そして沿線住民の日常から浮かび上がらせていく。掲載地図多数。第1巻は東急と小田急沿線。
詳細情報へ

〈女〉をめぐる主題と変奏
女がいる 女がいる
[エクス・リブリス]

エステルハージ・ペーテル 著/加藤由実子、ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー 訳

ユーモラスに、猥雑に、幻想的に、フェティッシュに、「女」との抜き差しならない関係を語る97の断章。斬新な作風と言語感覚によって現代ハンガリーを代表する作家による、異色の「女性讃歌」。
詳細情報へ

包括の神話 思考の生物学
オルフェウスの声 オルフェウスの声
詩とナチュラル・ヒストリー[高山宏セレクション〈異貌の人文学〉]

エリザベス・シューエル 著/高山 宏 訳

古代ギリシアのオルフェウス神話に分断された世界を統合する詩の力を重ね合わせ、詩的思考が近代の分析的思考を克服し、人間を自然/世界へと再び結びつける方法を探った画期的名著。
詳細情報へ

奇想天外な滑稽小説
スウィム・トゥー・バーズにて スウィム・トゥー・バーズにて
[白水Uブックス194/海外小説 永遠の本棚]

フラン・オブライエン 著/大澤正佳 訳

のらくら者の主人公が執筆中の小説の主人公もまた作家であり、彼が作中で創造した人物たちはやがて作者の意思に逆らって勝手に動き始める。実験小説と奇想が交錯する豊饒な文学空間。
詳細情報へ

書くことで生き抜いた亡命作家の壮絶なる人生
文盲 文盲
アゴタ・クリストフ自伝[白水Uブックス195]

アゴタ・クリストフ 著/堀 茂樹 訳

世界的ベストセラー『悪童日記』の著者が初めて語る、壮絶なる半生。祖国ハンガリーを逃れ難民となり、母語ではない「敵語」で書くことを強いられた、亡命作家の苦悩と葛藤を描く。
詳細情報へ

なぜ首脳たちは戦争と虐殺を選択したのか?
運命の選択1940-41(上)

運命の選択1940-41(下)
運命の選択1940-41(上 ・下)
世界を変えた10の決断

イアン・カーショー 著/河内隆弥 訳

第二次大戦の趨勢と戦後の支配と構造を決めた、米英ソ、日独伊の首脳たちが下した決断に至る道程を詳説。英国の権威が、錯綜する動向と相関性を究明する大著。口絵・地図・解説=「『決断』の環境を探る」収録。
詳細情報へ(上)(下)

幕末江戸から十九世紀精神史へ
敗北の外交官ロッシュ 敗北の外交官ロッシュ
イスラーム世界と幕末江戸をめぐる夢

矢田部厚彦 著

幕末江戸で勇名を轟かせた駐日仏公使ロッシュとは何者だったのか? 前任地イスラームにおける破天荒、19世紀を席巻したロマン主義とサン=シモン主義を手掛かりにその実像に迫る!
詳細情報へ

近代化に直面した知識人たちの情熱と苦悩
アジア再興 アジア再興
帝国主義に挑んだ志士たち

パンカジ・ミシュラ 著/園部 哲 訳

日露戦争での日本の勝利に刺激されたアジアの知識人たちは、帝国主義に抗する思想を構築し始めた。現代の中印・イスラーム世界をかたち作る源泉となった思想家たちの姿を追う。
詳細情報へ

朝吹真理子さん推薦!
アカシア(新装版) アカシア(新装版)

クロード・シモン 著/平岡篤頼 訳

父の遺骨探しの旅から始まる、精緻きわまりない究極の「私小説」。過去・現在・未来が絡み合いながら言語は歴史をはらみ、アカシアの葉がそよぐとき、小説が生まれる──。クロード・シモン生誕100年を機に復刊!
詳細情報へ

まさに、ここから、わたしの人生は始まった
ドナルド・キーン わたしの日本語修行 ドナルド・キーン わたしの日本語修行

ドナルド・キーン、河路由佳 著

生涯を決定づけた米海軍日本語学校への入学。当時の思い出が詰まった教科書を前に、学習者、研究者、教育者として、日本語とともに歩んだ人生を語る。
詳細情報へ

『野生の探偵たち』に先立つ、初期を代表する傑作
[改訳]通話 [改訳]通話
[ボラーニョ・コレクション]

ロベルト・ボラーニョ 著/松本健二 訳

亡命作家との奇妙な友情、刑事たちの対話、ポルノ女優の独白、ある米国人女性の半生……名もなき彼らの「声」に耳を傾ける14の物語。短篇の名手でもあったボラーニョの戦慄の第一短篇集。
詳細情報へ

『テヘランでロリータを読む』著者による回想録
語れなかった物語 語れなかった物語
ある家族のイラン現代史

アーザル・ナフィーシー 著/矢倉尚子 訳

政治家の両親のもとに生まれた少女の生活が、平穏だったことはなかった。「毒親」との確執と、家族を、一族を飲み込んでいく政界の陰謀やイスラーム革命の粛清の嵐…。生の回想録。
詳細情報へ

足下を固めてもう一歩先の韓国語の表現を
日本語を活かしてつかむ 中級韓国語のコツ 日本語を活かしてつかむ 中級韓国語のコツ

金 順玉、阪堂千津子、岩井理子 著

中級になると、機械的な直訳では不自然な場合や間違いとなる場合が増える。間違えやすいポイントがどこにあるのか、例題や練習問題を通して整理して、より正しい表現を目指す。
詳細情報へ

貴重な音源と共に学ぶアイヌ語の豊かな世界
カムイユカラを聞いてアイヌ語を学ぶ カムイユカラを聞いてアイヌ語を学ぶ
《CD付》

中川 裕、中本ムツ子 著

鳥のなきまね、なぞなぞ、遊び歌や子守歌、カムイユカラなど豊かなアイヌ口承文芸を通して、ことばと世界観を知る。(2007年刊『カムイユカラでアイヌ語を学ぶ』の改題新装版)。
詳細情報へ

20世紀、友人たち、建築への追悼
挽歌集 挽歌集
建築があった時代へ

磯崎 新 著

世界を舞台に多彩な文化人と交流し、都市文化を創造してきた建築界の知の巨人が、ルイス・カーンから丹下健三、ジャック・デリダ、吉本隆明まで、愛惜の50人への思いを綴る。
詳細情報へ

ド・ゴール以降の社会を政治制度と共に解説
第五共和制 第五共和制
[文庫クセジュ995]

ジャン=フランソワ・シリネッリ 著/川嶋周一 訳

ド・ゴールが統治した1958年から現在までの政治文化史を解説。左・右派異なる指導者が大統領と首相に就く「コアビタシオン」の時代、極右勢力の台頭など混乱を招いた経緯を解析。
詳細情報へ

最新刊
書名 著訳者名 税別価格
スウィム・トゥー・バーズにて New
[白水Uブックス194/海外小説 永遠の本棚]
フラン・オブライエン 著
大澤正佳 訳
1700円
女がいる New
[エクス・リブリス]
エステルハージ・ペーテル 著
加藤由実子、ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー 訳
2100円
第五共和制 New
[文庫クセジュ995]
ジャン=フランソワ・シリネッリ 著
川嶋周一 訳
1200円
運命の選択1940-41(上) New
世界を変えた10の決断
イアン・カーショー 著
河内隆弥 訳
3800円
運命の選択1940-41(下) New
世界を変えた10の決断
イアン・カーショー 著
河内隆弥 訳
3800円
アジア再興 New
帝国主義に挑んだ志士たち
パンカジ・ミシュラ 著
園部 哲 訳
3400円
オルフェウスの声 New
詩とナチュラル・ヒストリー
エリザベス・シューエル 著
高山 宏 訳
6000円
[改訳]通話 New
[ボラーニョ・コレクション]
ロベルト・ボラーニョ 著
松本健二 訳
2400円
カムイユカラを聞いてアイヌ語を学ぶ New
《CD付》
中川 裕、中本ムツ子 著
3800円
地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み
関東(1)東急・小田急
今尾恵介 著
1600円
敗北の外交官ロッシュ
イスラーム世界と幕末江戸をめぐる夢
矢田部厚彦 著
2700円
アカシア
(新装版)
クロード・シモン 著
平岡篤頼 訳
3600円
文盲
アゴタ・クリストフ自伝[白水Uブックス195]
アゴタ・クリストフ 著
堀 茂樹 訳
950円
語れなかった物語
ある家族のイラン現代史
アーザル・ナフィーシー 著
矢倉尚子 訳
3200円
日本語を活かしてつかむ 中級韓国語のコツ
金 順玉、阪堂千津子、岩井理子 著
1800円
挽歌集
建築があった時代へ
磯崎 新 著
2800円
ドナルド・キーン わたしの日本語修行
ドナルド・キーン、河路由佳 著
1800円
世界のなかのライシテ
宗教と政治の関係史[文庫クセジュ994]
ジャン・ボベロ 著
私市正年、中村 遥 訳
1200円
仏検対策5級問題集 改訂版
《CD付》
小倉博史、モーリス・ジャケ、舟杉真一 編著
1800円
対訳 フランス語で読む「赤と黒」
《CD付》
小野 潮 編著
2200円
ウッツ男爵
ある蒐集家の物語[白水Uブックス193]
ブルース・チャトウィン 著
池内 紀 訳
1400円
バンヴァードの阿房宮
世界を変えなかった十三人
ポール・コリンズ 著
山田和子 訳
3600円

Topics
牛腸茂雄
●[特設サイト]GOCHO Shigeo's GALAXY
大正百年と関東大震災をめぐって
●[特集]大正百年と関東大震災をめぐって
尾原宏之×苅部直×絓秀実×筒井清忠
為末大×山中俊治【対談】速く美しく走るために
●[対談]為末大×山中俊治
「速く美しく走ること」
わたしの外国語シリーズ
●[超入門]
わたしの外国語シリーズ
新訳ベルクソン全集
●[特集]竹内信夫個人完訳
『新訳ベルクソン全集』
マルグリット・ユルスナール
●[特集]マルグリット・ユルスナール
ヤングアダルト出版会
●ヤングアダルト出版会
書物復権2014年共同復刊18
●「書物復権」2014年共同復刊18
暗いブティック通り
話題の本
暗いブティック通り

ノーベル文学賞を受賞したパトリック・モディアノ氏の代表作
10月24日重版出来
おだまり、ローズ
話題の本
おだまり、ローズ

→日経9/28付・小林章夫氏書評
→朝日10/19付・三浦しをん氏書評
ミラノ 霧の風景
話題の本
須賀敦子『ミラノ 霧の風景』
バンヴァードの阿房宮
話題の本
バンヴァードの阿房宮

→朝日9/28付・三浦しをん氏書評
中東民族問題の起源
話題の本
中東民族問題の起源

→日経10/12付・臼杵陽氏書評
アダム・スミスとその時代
話題の本
アダム・スミスとその時代

→毎日8/3付・松原隆一郎氏書評
→読売8/31付・松井彰彦氏・宇野重規氏書評
→朝日9/14付・水野和夫氏書評
→日経9/14付・藤田康範氏書評
絵のように
話題の本
絵のように

→読売9/21付・松山巖氏書評
→毎日10/5付・川本三郎氏書評
「音楽の捧げもの」が生まれた晩
話題の本
「音楽の捧げもの」が生まれた晩

→読売10/5付・田所昌幸氏書評
キャッチャー・イン・ザ・ライ ライ麦畑でつかまえて
永遠の青春文学
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
『ライ麦畑でつかまえて』

メール請求/PDFダウンロード
ボラーニョ・コレクション
【歿後10年】
ボラーニョ・コレクション
Uゴドーを待ちながら
ロングセラー
ゴドーを待ちながら
《エクス・リブリス》
エクス・リブリス
〜白水社の「新・世界の文学」
教科書の音声ダウンロードはこちら
教科書の音声ダウンロードはこちら
フランス語で日記をつけよう
話題の本
フランス語で日記をつけよう
ふらんす11月号
フランス語とフランス文化の月刊誌
『ふらんす』
フラ語入門
無敵の入門書『フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(改訂版)』
パブリッシャーズ・レビュー
東京大学出版会・白水社・みすず書房のPR紙「パブリッシャーズ・レビュー」
外国語検定試験対策本
外国語検定試験対策本
ニューエクスプレス・シリーズ
【シリーズ】ニューエクスプレス

耳より情報

最新売れ行きTOP10

2014年10月27日更新

1おだまり、ローズ
2暗いブティック通り
3オルフェウスの声New
4U195 文盲
5地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み
6U1057 ミラノ 霧の風景
7フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(改訂版)
8U183 ゴドーを待ちながら
9スペイン語検定対策5級・6級問題集
10フランス語で日記をつけよう

『キャッチャー・イン・ザ・ライ』『ライ麦畑でつかまえて』を除いた週間ランキング)


連載
メディチ家の館に住んで
「メディチ家の館に住んで」
関口涼子
第24回 記憶(3)
「ちょこっと中国語翻訳」
李軼倫
詩と幼年──水の町の物語
「詩と幼年──水の町の物語」
小池昌代
第2回 詩に出会ったころ(2)池の匂い
帝都・東京を中国革命で歩く
「帝都・東京を中国革命で歩く」
譚璐美
第八回 慈愛の宰相──周恩来の目立たない日々
鉄道王国の歩み
「鉄道王国の歩み ─ 公文書と地形図でたどる私鉄史」
今尾恵介
第31回 東武鉄道(2)
からだとはなす ことばとおどる
「からだとはなす ことばとおどる」
石田千
7.はなす
失われた「母国語」を求めて
「失われた『母国語』を求めて」
温又柔
第24回 〈国語〉を抱きしめて 後篇
「世界の片隅で、世界文学を読む」
藤井光
第3回 「どこか」の地図を物語ること
「愛書狂」
岡崎武志
第31回
「ことば紀行」
第20回 阿部賢一「チェコ語」
カリーマのドラマティック・ロシア
「カリーマのドラマティック・ロシア」
師岡カリーマ・エルサムニー
(最終回)ウラジーミルの聖母の前でキレそうになった話

エッセイ
▼本当の挨拶 ─ ヒンディー語の真髄
 高倉嘉男
▼ベトナム語の空耳
 田原洋樹

「静かに響き続けるもの〜読書・身体・時間〜」
 小沼純一
「今、出版するということ」
 田口久美子
「変化するビルマ 〜いまを生きる人びとの日常から〜」
 宇田有三
「新書の思い出いろいろ」
 澤田直
「ずらしの美学」」
 武田千香

更新情報
連載エッセイ「メディチ家の館に住んで」(関口涼子著)の第24回「記憶」(3)をアップしました。 [2014.10.29]
『スウィム・トゥー・バーズにて』[白水Uブックス194/海外小説 永遠の本棚](フラン・オブライエン著/大澤正佳訳)、『女がいる』[エクス・リブリス](エステルハージ・ペーテル著/加藤由実子、ヴィクトリア・エシュバッハ=サボー訳)、『第五共和制』[文庫クセジュ995](ジャン=フランソワ・シリネッリ著/川嶋周一訳)本日発売です。 [2014.10.28]
連載エッセイ「鉄道王国の歩み」(今尾恵介著)の第31回「東武鉄道」(2)をアップしました。 [2014.10.27]
『アジア再興 ─ 帝国主義に挑んだ志士たち』(パンカジ・ミシュラ著/園部哲訳)、『運命の選択1940-41(上・下) ─ 世界を変えた10の決断』(イアン・カーショー著/河内隆弥訳)本日発売です。 [2014.10.25]
雑誌『ふらんす』11月号本日発売です。 [2014.10.23]
RSS