ヒトラーと哲学者

哲学はナチズムとどう関わったか

〈思想と行動〉の倫理的基盤を鋭く問う注目すべき迫真の哲学ノンフィクション!

著者 イヴォンヌ・シェラット
三ッ木 道夫
大久保 友博
ジャンル 一般書 > 哲学・思想
出版年月日 2015/01/21
ISBN 9784560084120
判型・ページ数 4-6・422ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり

目次

プロローグ/序章/主な登場人物
 第一部 ヒトラーの哲学者
1 ヒトラー──「天才的バーテンダー」
2 毒入りの杯
3 協力者たち
4 ヒトラーを支えた法哲学者──カール・シュミット
5 ヒトラーの超人──マルティン・ハイデガー
 第二部 ヒトラーの対抗者
6 悲劇──ヴァルター・ベンヤミン
7 亡命──テオドーア・アドルノ
8 ユダヤ人女性──ハンナ・アーレント
9 殉教者──クルト・フーバー
10 ニュルンベルク裁判とその後
エピローグ/訳者あとがき
索引(人名、作品名・事項)/原注/参考文献/図版一覧/謝辞

内容説明

哲学者・大学人・有識者の倫理を鋭く問う
ハイデガー、C・シュミット、アーレント、アドルノ等、ナチスの加担者と亡命者の言動を描き出し、〈思想と行動〉の倫理的基盤を鋭く問う注目すべき迫真の哲学ノンフィクション!

戦争を知っているドイツ人はどの集団に属するにせよ、ほとんどがヒトラーという汚点に穢されている。(中略)恥ずかしいことに美術家、音楽家までもが協力者の仲間入りをしていた。だが、およそ八十年前のヒトラーの権力掌握以来、いまだに誰も精査していない部分がある。それはもの静かで控えめな集団、哲学者集団が演じてきた役割である。
(中略)
本書は、歴史上の時代、そこに巻き込まれた個々人の事件、これらを蘇らせるドキュメンタリー・ドラマとして書かれた。ノンフィクションの仕事であり、注意深く研究し、文書館資料、書簡、絵、聞き取り調査と文献に基づくが、それらはみな細部に至るまで参照可能なものとなっている。だがしかし、本書のスタイルは語りである。目指すところは一九三〇年代ドイツの、活気に溢れ、かつ危険な世界に読者をいざなうことなのだから。(序章より)

迫真の哲学ノンフィクション
ドイツ第三帝国におけるナチズム加担者と亡命者の行状を克明に描き出し、「哲学思想とモラルの関係」という難題に挑んだ注目の話題作。
ヒトラー、法哲学者C・シュミット、ハイデガー、ベンヤミン、アドルノ、アーレントに特別な一章が与えられる。しかし膨大な資料に基づいて、方向を違える彼ら周辺の者たちの様子までもがまるでドキュメンタリー・ドラマのように再現され、読者は30年代ドイツの活気と危険に満ちた思想状況にぐいぐいと誘われる。ハイデガーの呪縛を脱し、ユダヤの大義に目覚めて『全体主義の起原』を書くに至るアーレントの様子などはその現場に立ち会っているかのごとく生々しい。
著者は「哲学は道徳学の子孫である」と言う。その視点から、第三章「協力者たち」や最終章「ニュルンベルク裁判とその後」では大物学者だけでなく有名無名の多くの学者によってナチズムが支えられていた事実や戦後の生き方が鋭く検証されることとなる。まさに哲学することの倫理的基盤、思想と行動との関係をめぐる迫真の哲学ノンフィクションと言えよう。学術や科学技術のあり方が問われる現代にあって、示唆に富みかつ思索を刺激する一冊である。

[原題]Hitler's Philosophers

[著者]イヴォンヌ・シェラット Yvonne Sherratt
1966年英国生まれ。ケンブリッジ大学で初め医学を専攻したが、後にドイツ・フランスを主とする大陸系の哲学研究に転じた。オクスフォード大学ニューカレッジ校非常勤講師を経て、現在ブリストル大学上級講師として社会哲学等を講じている。主な著書に“Adorno’s Positive Dialectic”, “Continental Philosophy of Social Science”がある。

[訳者]三ッ木 道夫(みつぎ みちお)
1953年埼玉県生まれ。1985年上智大学大学院博士後期課程単位取得退学。独語独文学・翻訳思想専攻。博士(比較社会文化)。広島大学助手を経て現在同志社大学教授。日本通訳翻訳学会会員。主要著書:『翻訳の思想』(晃洋書房、2011)主要訳書:『思想としての翻訳 ─ ゲーテからベンヤミン、ブロッホまで』(編訳、白水社、2008)

[訳者]大久保 友博(おおくぼ ともひろ)
1982年滋賀県生まれ。2012年京都大学大学院博士後期課程単位取得退学。翻訳論・翻訳史専攻。修士(人間・環境学)。同志社大学ほかで非常勤講師。大久保ゆう名義ではエンターテイメント系の翻訳のほか、近代文学やデジタルアーカイヴ等の評論も手がける。日本通訳翻訳学会会員。主要訳書:スコット『アート オブ ロバート・マッギニス』(マール社、2014)、ウィットラッチ『幻獣と動物を描く』(マール社、2013)、ラヴクラフト『クトゥルフ神話』(パンローリング、2012)、ガネット『エルマーのぼうけん』(パンローリング、2011)など

*データは刊行時のものです

3,800円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10