父を見送る

家族、人生、台湾

悲しみは不意打ちのように、日常のふとした一瞬に姿を現す。台湾のベストセラー作家が綴る、やさしさと情愛に満ちた家族の物語。

著者 龍應台
天野 健太郎
ジャンル 一般書 > 社会
一般書 > 社会 > 海外事情
出版年月日 2015/09/09
ISBN 9784560084601
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

内容説明

息子のひとり立ち、母の老い、父との別れ……

台湾文壇の重鎮が綴る、やさしさと情愛に満ちた家族の物語。『台湾海峡一九四九』の前篇ともいうべき珠玉のエッセイ集。台湾・香港で40万部のベストセラー!

「本書で際立っているのは、書いているその人がただの「普通の人」であることだ。切れ味ある批評で読む者を震え上がらせるベストセラー作家がここでは、親として子として、自らの弱さをあけすけに描いている。また、生活で見聞きしたこと、社会の出来事にてらいなくゼロから(無知から)疑問を立ち上げ、先入観なく思索を続けていく。だからその思索がたどり着く高みは屹然として、誰もが目を向けずにはいられない。そんな危なっかしいゼロからのジャンプをやってのける実直さが、彼女の作家性を支えているように思える。」——「訳者あとがき」より

台湾文壇の重鎮が綴る珠玉のエッセイ集

デビュー以来、鋭利な筆致で話題作を書き続ける台湾のベストセラー作家・龍應台が綴る、やさしさと情愛にあふれた家族の物語。母の老い、息子たちの巣立ち、そして父との別れ――「わたし」はそれをただ見送り、見守ることしかできない。
本書は、著者が香港の大学で教鞭をとっていた時期に台湾紙・香港紙に連載され、中国語圏で人気を博した59篇(Ⅰ「家族を見つめる」、Ⅱ「香港から見た風景」)と、台北市文化局長時代に見守った父の晩年を描いた15篇(Ⅲ「父を見送る」)からなる。中国古典文学への深い造詣に裏打ちされた端正な文体と熟練された「語り」のテクニックで、ときにセンチメンタルに、ときにユーモアたっぷりに家族と人生を語る、珠玉のエッセイ集。
執筆に講義に公務に、台湾と香港を飛び回る多忙な日々のなかから核心的な価値をさりげなく取り出し、独特な切り口で思索を加える――老いとは? 幸せとは? 国とは? 時間とは? そこには磨き抜かれた知性と台湾人特有の歴史観があり、欧米社会・台湾社会への批評性がキラリと光る。中国語圏で今でも売れ続けている大ベストセラー。『台湾海峡一九四九』に続く邦訳第二弾!

[目次]
花を見るとき――序にかえて

Ⅰ ときに人生は、ひとりで歩かなきゃならないから ――家族を見つめる
 見送る/「娘によく似てる」/十七歳/永遠の愛/山道をどこまでも/
 寂しさ/信じる(信じない)/1964/だんだんわかった/鈍さ/ともに老いる/
 もしも父と/転んだあと――Kへの手紙/気にかける/マニキュア/
 「家って何ですか?」/母と散歩に/教育/入会/家に帰ろう/五百キロ/
 離婚する(離婚しない)/母の日のプレゼント/お金の通帳、時間の通帳/
 幸せとは/最後のアフタヌーンティ

Ⅱ 砂に跡あり、風に音あり、光に影あり ――香港から見た風景
 忙しい/鳥の名前/おらが村/「教わらなかった?」/火災報知機/
 薄扶林(ポクフラム)の三百五十年/増えたサルたち/新しいニュース/
 杜甫/ダンスホール/この路地で/台北の夜に集いし者たち/金門島/
 地雷を見つける草/普通の人が/ソウルでも/香港人の「国」/
 ソフィスティケーション/ムンバイの白い布/星月夜/カフカが大嫌い/
 私の前立腺/長江の化け物/オオカミが来た/ゲーリングの招待状/
 蔚藍(うつらん)の空/タンポポの根/訳あり物件/タイの時間/
 ラオスの距離/ルアンパバーンでフレンチを/ハスの花の国/ゆっくり見る

Ⅲ 故郷に咲き乱れるお茶の花 ――父を見送る
 いつもと同じ夢/武器を置く/議場へ/いつまでも女/入れ歯/同窓会/
 湖南訛り/ママ/歩こう/目を開く/プルメリア/見つめる/携帯を切る/
 一九一八年、冬/魂が帰る

訳者あとがき

[原題]目送

[著者略歴]
龍應台(りゅう・おうたい)
作家、評論家。1952年、台湾高雄県生まれ。74年、成功大学外国語学部卒業。82年、カンザス州立大学で英米文学博士号取得。85年、『中国時報』紙上に掲載された評論が戒厳令下の台湾社会で大きな反響を呼び、出版された『野火集』は台湾出版界空前のベストセラーとなった。その後も次々に話題作を発表。86~99年、スイスとドイツに滞在。99~2003年、台北市文化局初代局長。2005年7月、龍應台文化財団設立。新竹清華大学教授、香港大学教授を歴任。2012~14年、行政院文化部部長。
代表作に『台湾海峡一九四九』(白水社)、『野火集』『人在歐洲(ヨーロッパで考えること)』『百年思索(百年の思索)』『面對大海的時候(大海に向かい合うとき)』『請用文明來説服我(文明で私を納得させよ)』『孩子你慢慢來(わが子よ、ゆっくり歩け)』『親愛的安徳烈(親愛なるアンドレ)』など。

[訳者略歴]
天野健太郎(あまの・けんたろう)
1971年、愛知県生まれ。三河人。京都府立大学文学部国中文専攻卒業。2000年より国立台湾師範大学国語中心、国立北京語言大学人文学院に留学。帰国後は中国語翻訳、会議通訳者。また聞文堂LLC(http://motto-taiwan.com)代表として台湾書籍を日本に紹介している。訳書に、龍應台『台湾海峡一九四九』、呉明益『歩道橋の魔術師』(以上、白水社)など。ツイッターアカウントは「taiwan_about」。俳人。

*略歴は刊行時のものです

2,400円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10