対訳 フランス語で読む「ゴリオ爺さん」

《CD付》

バルザックの名作を抜粋で読みましょう。作品を原文で味わうのは、学習者ならではの喜びです。CD付ですので、耳からも楽しめます。

著者 松村 博史 編著
ジャンル 語学書 > フランス語 > 参考書
語学書 > フランス語 > 対訳
出版年月日 2016/05/26
ISBN 9784560087206
判型・ページ数 4-6・141ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり

内容説明

バルザックの名作を目と耳で味わう

バルザックの名作を抜粋で読みましょう。作品を原文で味わうのは、学習者ならではの喜びです。CD付ですので、耳からも楽しめます。

"Mon cher, dit Eugène à voix basse, nous nous sommes trompés sur le père Goriot. [...] Sa vie me paraît trop mystérieuse pour ne pas valoir la peine d'être étudiée. "

「おい、僕たちはゴリオ爺さんのことを誤解していたようだぞ」とウジェーヌがささやいた。〔…〕「あの人の生活はあまりにも謎めいているので、十分に研究に値すると思うんだ」

『ゴリオ爺さん』を原文の抜粋で読んでいきます。バルザックの作品は難解で手強いイメージがありますが、一文ごとに深い意味が込められており、そうしたニュアンスを読み解いていくことこそ、フランス語学習者の特権です。見開きで、原文、注、訳文、「読解のポイント」が読みやすくレイアウトされており、ミカエル・フェリエ氏のすばらしい朗読で、音声でもお楽しみいただけます。主人公ラスティニャックと共に、19世紀パリの人々の息づかいを感じてください。

>目次を見る

>音声サンプル:「1.下宿屋ヴォケー館」(トラック02)

[編著者略歴]
松村博史(まつむら ひろし)
京都大学大学院博士後期課程満期退学。現在、近畿大学文芸学部教授。専門はバルザック研究。主要著書:『バルザックとこだわりフランス』(共著、恒星出版)、『テクストの生理学』(共著、朝日出版社)、『近代科学と芸術創造』(共著、行路社)

*略歴は刊行時のものです

2,200円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • 特集マルグリット・ユルスナール
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年