オリュンポスの神々の歴史

これから出る本

〝ギリシア神話の神々〟は、どこから来てどこへ行くのか。ホメロス以前の姿からルネサンス、更にベルリン・オリンピックまでの受容史

著者 バルバラ・グラツィオーシ
西村 賀子 監訳
西塔 由貴子
ジャンル 近刊
一般書 > 哲学・思想 > 宗教・神話
一般書 > 世界史
出版年月日 2017/02/24
ISBN 9784560095171
判型・ページ数 4-6・330ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 未刊・予約受付中

内容説明

宗教儀式の対象から想像力の象徴へ
ギリシア神話の神々の受容と変容の歴史

〝ギリシア神話の神々〟は、どこから来てどこへ行くのか。ホメロス以前の姿からルネサンス、さらにベルリン・オリンピックまでの受容史。

[原題]The Gods of Olympus: A History

[著者紹介]
イタリアのトリエステ出身。オックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジで人文学を学び、1995年に最優秀で卒業。翌年、同カレッジにて修士号、ケンブリッジ大学より博士号取得。現在はイングランド北東部のダラム大学古典学教授および芸術・人文学高等研究所所長。Inventing Homer: Early Reception of Epic . Cambridge U.P. 2002など、ホメロスの研究と受容に関する著書複数あり。

[監訳者紹介]
西村賀子
京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程修了(西洋古典文学専攻)。ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ古典学科客員研究員などを経て、現在、和歌山県立医科大学教授。おもな著訳書は『ギリシア神話――神々と英雄に出会う』(中公新書)、『ホメロス 『オデュッセイア』――〈戦争〉を後にした英雄の歌』(岩波書店)、アリストパネス『女の議会』(『ギリシア喜劇全集』(岩波書店)所収)、『エレゲイア詩集』(京都大学学術出版会)など。

[訳者紹介]
西塔由貴子
新潟大学大学院現代社会文化研究科博士課程単位取得満期退学。英国セント・アンドリューズ大学大学院(修士課程)修了。園田学園女子大学講師、京都精華大学講師を経て、現在同志社大学非常勤講師。

3,700円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • ニューエクスプレス
  • 白水社創立百周年