偽史の政治学

新日本政治思想史

新刊

近代日本の光と闇のコントラストに留意することで、明治・大正・昭和というそれぞれの時代を象徴する一齣を提示する試み

著者 河野 有理
ジャンル 新刊
一般書 > 哲学・思想
一般書 > 社会 > 政治
おすすめ
出版年月日 2016/12/26
ISBN 9784560095287
判型・ページ数 4-6・252ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

内容説明

丸山眞男から遠く離れて
新たな〈日本政治思想史〉の誕生

近代日本の光と闇のコントラストに留意することで、明治・大正・昭和というそれぞれの時代を象徴する一齣を提示する試み。

福澤諭吉という眩しい光の傍らで忘れられた阪谷素と加藤弘之、徳富蘇峰が夢見た「新日本」、万歳三唱にかき消された後藤新平の「いやさか」、権藤成卿の「社稷」と偽史、丸山眞男が自ら「夜店」と称して遠ざけた「丸山政治学」、そして丸山学派のなかでは風変わりな弟子だった神島二郎……
日本政治思想史――。丸山眞男が創始したこの学問分野は、政治学のみならず、戦後思想を牽引してきた一大領域だったと言っていい。ただ、そこで批判の俎上にのせられたのはマルクス主義と天皇制であり、光が当てられたのは荻生徂徠や福澤諭吉といった思想家だった。
ここで取り上げるのは、光ではなく闇である。もちろん、光に幻惑され闇に沈んだ事象の意味を問い直す試みは決して新しいとは言えない。民俗学や社会史が民衆や習俗に向けた眼差しはまさにそうした問題意識の所産である。ところが、こうした視線で見出されるのは集合表象としての民衆でしかなく、一人ひとりの生身の人間ではない。
本書は、思想史という枠組みに依拠しながら、明治・大正・昭和というそれぞれの時代を象徴する一齣を提示する試みである。丸山から遠く離れた「シン・日本政治思想史」へ!

[目次]
  序章 丸山から遠く離れて >立ち読み(一部)

Ⅰ 眩しい光の傍らで
  第一章 「演説」と「翻訳」――「翻訳会議の社」としての明六社構想
  第二章 保守対啓蒙?――加藤弘之・福澤諭吉再考

Ⅱ 「イエ」と「社会」の間、あるいは「新日本」の夢
  第三章 「養子」と「隠居」―― 明治日本におけるリア王の運命
  第四章 蘇峰とルソー――一八九四年の石井十次
  第五章 「自治」と「いやさか」―― 後藤新平と少年団(ボーイスカウト)をめぐって

Ⅲ 〈正統と異端〉を越えて
  第六章 「社禝」の日本史―― 権藤成卿と〈偽史〉の政治学 
  第七章 「スキンシップ」と政治学
  第八章 Legitimacy の浮上とその隘路――「正統と異端」研究会と丸山政治学

   あとがき/参考資料/人名索引

[著者略歴]
河野有理(こうの・ゆうり)
1979年生まれ。東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。日本政治思想史専攻。現在、首都大学東京法学部教授。主な著書に『明六雑誌の政治思想』(東京大学出版会、2011年)、『田口卯吉の夢』(慶應義塾大学出版会、2013年)、『近代日本政治思想史』(編、ナカニシヤ出版、2014年)がある。

*略歴は刊行時のものです

2,800円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • ニューエクスプレス
  • 白水社創立百周年