10:04

これから出る本

ハリケーン迫るブルックリン。処女小説で予想外の評価を受けた詩人の“僕”は、新たに長篇の執筆を打診されるが…傑作長篇小説。

著者 ベン・ラーナー
木原 善彦
ジャンル 近刊
一般書 > 海外文学 > 小説
シリーズ 一般書 > エクス・リブリス
出版年月日 2017/02/22
ISBN 9784560090503
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 未刊・予約受付中

内容説明

オースター、フランゼンが絶賛する期待の若手
小説の執筆に挑む詩人の、美しく愉快な語り

ハリケーン迫るブルックリン。処女小説で予想外の評価を受けた詩人の“僕”は、新たに長篇の執筆を打診されるが……米の新鋭による傑作長篇小説。

[著者略歴]
ベン・ラーナー Ben Lerner
作家・詩人。1979年カンザス州トピーカ生まれ。これまでにフルブライト、グッゲンハイム、ハワード、マッカーサー各財団のフェローに選出される。詩集を3冊発表しており、Angle of Yaw (2006) は全米図書賞の最終候補に。本書の前作となる処女小説Leaving the Atocha Station (2011) はポール・オースターやジョナサン・フランゼンに絶賛され、文芸誌『ビリーバー』が主催するビリーバー・ブック・アワードを受賞した。なお、本書の抜粋は『パリス・レヴュー』誌のテリー・サザーン賞に選ばれている。
現在はニューヨーク市立大学ブルックリン校の英語学科で教授も務める。また、ドイツの現代美術作家トーマス・デマンドの作品に詩を寄せた共作Blossom (2015) がある。

[訳者略歴]
木原善彦(きはら よしひこ)
1967年鳥取県生まれ。京都大学大学院文学研究科英語学英米文学専攻博士課程修了。大阪大学大学院言語文化研究科准教授。主要著書に『UFOとポストモダン』(平凡社)、『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』(彩流社)ほか。主要訳書にT・ピンチョン『逆光 上下』、R・パワーズ『幸福の遺伝子』(以上、新潮社)、H・マシューズ『シガレット』、H・クンズル『民のいない神』(以上、白水社)、D・マークソン『これは小説ではない』(水声社)ほか。

2,900円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • ニューエクスプレス
  • 白水社創立百周年