ジャック・デリダ講義録 死刑Ⅰ

新刊

残酷さ、血、例外、恩赦、主権……死刑をめぐる概念を、哲学的・文学的・法的テクストから読みなおしてゆく。死刑存廃論の脱構築!

著者 ジャック・デリダ
高桑 和巳
ジャンル 新刊
一般書 > 哲学・思想
おすすめ
出版年月日 2017/06/27
ISBN 9784560098035
判型・ページ数 A5・422ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり

内容説明

死刑をめぐる概念を読み直し、存廃論を脱構築。
死刑廃止論に与する、デリダの本領発揮!

残酷さ、血、例外、恩赦、主権……死刑をめぐる概念を、哲学的・文学的・法的テクストから読みなおしてゆく。死刑存廃論の脱構築!

ジャック・デリダは、死刑に関するセミネールを1999〜2000年度と2000〜01年度の二年度にわたって行なった。本書にはその第一年度が収録されている。
死刑について考えるにあたっての出発点となるのは、パラダイム的な大いなる例(ソクラテス、イエス、ハッラージュ、ジャンヌ・ダルク)をはじめ、聖書からベッカリーア、ロック、カント、ユゴー、ジュネらを経由し、カミュやバダンテールに至る正典的テクスト、そして第二次世界大戦後の法的テクストの数々。
死刑廃止運動の論理と修辞に関心を寄せた読解がなされ、とりわけ、アメリカ合衆国の歴史(1972年に死刑適用は違憲と判決した最高裁判所の決定から、1977年の執行再開などに至る歴史)には数多くの分析がついやされる。
「私は、単にして純な、最終的な死刑廃止に投票します。」──このヴィクトール・ユゴーの声を力強く響かせながら、残酷さ、血、例外、恩赦、主権、利害……極刑のはらむ概念について、憲法や条約、文学作品とともに明解に問い直されてゆく哲学のディスクール! 死刑存廃論の全体を脱構築してゆく、政治神学‐死刑論。

[訳者略歴]
高桑和巳(たかくわ・かずみ)
1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部准教授。博士課程退学(東京大学)。著書に『フーコーの後で』(共編著、慶應義塾大学出版会、2007年)、『アガンベンの名を借りて』(青弓社、2016年)、訳書にジョルジョ・アガンベン『人権の彼方に』(以文社、2000年)、同『ホモ・サケル』(以文社、2003年)、同『バートルビー』(月曜社、2005年)、同『思考の潜勢力』(月曜社、2009年)、同『王国と栄光』(青土社、2010年)、同『ニンファ』(慶應義塾大学出版会、2015年)、同『スタシス』(青土社、2016年)、カトリーヌ・マラブー編『デリダと肯定の思考』(共監訳、未來社、2001年)、ミシェル・フーコー『安全・領土・人口』(筑摩書房、2007年)、アレックス・マリー『ジョルジョ・アガンベン』(青土社、2014年)、ジャック・デリダ『死刑[I]』(白水社、2017年)ほか。

7,500円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10