写本の文化誌

ヨーロッパ中世の文学とメディア

新刊

本が一点物だった時代、本の書写、テキストの制作、パトロンによる発注は、どのような意味をもっていたのか。印刷以前の書籍文化誌。

著者 クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ
一條 麻美子
ジャンル 新刊
一般書 > 世界史
おすすめ
出版年月日 2017/07/21
ISBN 9784560095591
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり

内容説明

本が手書き一点物だった時代の書籍文化誌
材料の調達から作品の政治的意味までを語る


写本製作にあたり注文主が、作者が、書記が、各種職人が果たした役割や、できあがった写本がもった政治的意味、さらに傑作「マネッセ写本」を生み出した文芸マネージメントまで、写本をめぐる文化活動をわかりやすく解説する。

巻物から冊子体のいわゆる写本へ主流が移ったヨーロッパ中世の始まり、それはデジタル時代・活字印刷の誕生と並ぶメディアの革新、つまり口述から書記への転換の始まりでもあった。本書は、物としての写本の材料と作られ方、製作にかかわった注文主・詩人や知識人・修道士や職業書記らの実態から、手にした人が本をどう読んだか、本と書かれたテキストの双方がもった政治的役割まで、当時の社会における本と、本をめぐる文化・社会的状況を、さまざまな角度から解説する。
なかでも、一種の文芸マネージメントから生まれた傑作・マネッセ写本についての、成立背景を含めた製作過程や、その後の数奇な運命とドイツ史とのかかわりの情報は、これまで詳しく紹介されたことがなく、またミステリのようにおもしろい。
「人の心臓より尊い」と言われた羊皮紙の世界、書記が一日に書ける分量と与えられた物質的・精神的報酬、仕事に対する書記のプライドや不満が書き込まれた挿絵や奥付、写本の窃盗事件あれこれ……。
物としての写本とメディアとしての写本をめぐる一冊。

[目次]
序 

第一章 本ができあがるまで 
 1 材料の調達 
 2 書く・描く 
 3 写本製作の場 
 4 書記 
 5 本の外見 
 6 写本の値段 
 7 保管とアーカイブ化 
 8 印刷術という革命 

第二章 注文製作 
 1 文学の中心地 
 2 文学愛好家とパトロン 
 3 文学マネージメント──マネッセ写本 
 4 愛書家──ある十五世紀貴族の図書室 

第三章 本と読者 
 1 聞く・読む 
 2 身体としての本 
 3 五感と読書 

第四章 作者とテキスト 
 1 詩人──匿名・自己演出・歴史性 
 2 作品──伝承・言語・文学概念 

 訳者あとがき/参考文献/書名・人名リスト/注と典拠/索引 

[著者紹介]
1950年生まれ。2000年よりカッセル大学教授、2009年より副学長を務める。専門は中世からバロックまでのドイツ文学、特に中世から初期近世における本および図書館の文化。著書にいずれも共著で『表象、知識、公衆:バロックから啓蒙時代までの図書館』(2011)、『ヨーロッパの文化伝達センターとしての近世初期の図書館』(2014)などがある。邦訳は本書が初めて。

[訳者紹介]
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部准教授(中世ドイツ文学・表象文化論)。おもな訳書は、ノルベルト・オーラー『中世の死』(法政大学出版局、2005年)、ヨアヒム・ブムケ『中世の騎士文化』(共訳、白水社、1995年)など。

3,300円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10