日本新劇全史 第一巻(明治〜終戦)

新刊

劇界重鎮が開陳する日本現代演劇の姿と歴史。現代劇の誕生から終戦までの歴史と姿を俯瞰する。

著者 大笹 吉雄
ジャンル 新刊
一般書 > 演劇 > 演劇史・演劇技術・演劇論
出版年月日 2017/08/31
ISBN 9784560094136
判型・ページ数 A5・802ページ
定価 本体30,000円+税
在庫 在庫あり

内容説明

現代劇の誕生から終戦までの歴史と姿を俯瞰
劇界重鎮が開陳する日本現代演劇の姿と歴史


西洋演劇の翻案・翻訳によって産声をあげ、小山内薫らによる築地小劇場で基礎を築き、政府の弾圧の中変貌する現代演劇の姿と歴史を劇界重鎮が開陳。

第一級の基礎資料

演劇界の重鎮が生涯のテーマとした表題作を世に問う、渾身の近現代演劇史。本巻は昭和20年の敗戦までの歴史を辿る。
わが国の新劇は、明治期、ヨーロッパ近代劇の翻案・翻訳作品を上演したことから始まる。その端緒を担ったのが川上音二郎だった。その後明治後期、坪内逍遥や島村抱月らによる文芸協会の創立、小山内薫や二代目市川左団次らによる自由劇場の活動などが、その基礎を築いていった。
そして日本で初めて、小山内薫らを中心に現代劇専門の築地小劇場が結成されたのが大正13年6月。今から1世紀近く前のことだった。新劇はここから多くの物語が繰り広げられることになる。
その中で忘れてならないのが、政府からの弾圧によってさまざまに変遷を重ねた演劇運動の歴史だろう。その中から現在でも活動を続ける文学座や俳優座が誕生し、同時に多くの劇作家や俳優が獄中の人間となっていった。
著者の筆致はあくまで事実に即して淡々、膨大な新聞記事や劇評、文献を駆使しながら舞台の姿を追っていく様は、歴史の真実を語って迫力に満ちている。

30,000円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10