大胯びらき(愛蔵版)

新刊

複数の芸術ジャンルを横断した稀代の才人による1923年刊の半自伝的青春小説。翻訳家・澁澤龍彥の記念すべきデビュー作にして名訳

著者 ジャン・コクトオ
澁澤 龍彦
ジャンル 新刊
一般書 > 海外文学 > 小説
おすすめ
出版年月日 2017/08/25
ISBN 9784560095799
判型・ページ数 4-6・187ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり

内容説明

翻訳家・澁澤龍彥の仕事はここから始まった
愛と死、そして甦生を描く半自伝的青春小説


複数の芸術ジャンルを横断した稀代の才人による1923年刊の半自伝的青春小説。翻訳家・澁澤龍彥の記念すべきデビュー作にして名訳。[口絵1頁]

複数の芸術ジャンルを横断した稀代の才人による、1923年刊の半自伝的青春小説。
「ジャック・フォレスチエは淚もろかった。映画や、俗惡な音樂や、さては一篇の通俗小說などが彼の淚を誘うのだった。彼はこうしたそら淚と、心の底から溢れ出る本当の淚とを、混同しはしなかった。空淚というやつは訳もなく流れるようであった。
棧敷の薄暗がりでは淚の粒をかくしていたし、本を読む時は一人だったし、それに、本当の淚をこぼすことなどは滅多になかったので、彼は冷やかな才子だと人から思われていた」。(本文より)
訳者あとがきで「コクトオがその中でいちばん裸になった作品」と評し、翻訳家・澁澤龍彥の記念すべきデビュー作となった名訳。

[原題]Le Grand Écart

3,600円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10