文化大革命

〈造反有理〉の現代的地平

新刊

文革とは何だったのか?新資料により凄惨な実像を明らかにするとともに、日本の新左翼運動に与えた影響を再検討する。カラー図版多数

著者 明治大学現代中国研究所
石井 知章
鈴木 賢
ジャンル 新刊
一般書 > 世界史 > 現代史
おすすめ
出版年月日 2017/08/22
ISBN 9784560095652
判型・ページ数 4-6・212ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫僅少

内容説明

*現在在庫僅少につき、直接小社までお問い合せ下さい。

あの時代は何だったのか?
新左翼運動から習近平まで


徐友漁や宋永毅、矢吹晋ら世界的権威が、新事実から新左翼まで文化大革命を論じ尽くす決定版。貴重な図版50点をオールカラーで掲載。

文革について語り、文革の中で行われた人類と文化に反する暴行について語るとき、私の心はとても平静ではいられず、非常に辛い。私は極めて憂慮に満ちた思いで、中国が再び文革の影に覆われているのを目にしている。しかしながら、私自身の経験に基づけば、中国が本当に文革に戻ることはないと堅く信じている。文革は中国の悪夢であり、文革は中国の夢ではない。——徐友漁

1966年から77年にかけて中国にとどまらず全世界を巻き込んだ「文化大革命」から半世紀が経った。紅衛兵や造反派によるつるし上げで、多数の犠牲者を出したこの運動は、1981年に「党、国家や各族人民に重大な災難をもたらした内乱」と公式に総括された(共産党歴史決議)。
もちろん、総括がされたからと言って「文革」の全容が解明されたわけではなく、中国社会ではこの運動の傷が今も深くのしかかり、社会を分裂させたままである。
本書は、文革研究の世界的権威として知られる徐友漁氏や宋永毅氏、矢吹晋氏の協力を得ながら、〈「文革」とは何だったのか〉を改めて問い直す試みである。
大量虐殺や性暴力、人肉食という新事実から見えてくるのは、解放区以来の地主や富農ら「四類分子」に対する〈非人間化〉政策であり、中共に翻弄された貧しい農村の姿である。
他方、文革の国際的な影響力を考える際に重要なのは、1956年のスターリン批判と「新左翼」の誕生だろう。「革命無罪、造反有理」というスローガンがなぜ戦後日本を含む世界を捉えたのか。当時を回想しつつ複雑な綾を解きほぐしたのが本書である。

[目次]
文化大革命の基礎知識 石井知章
文革とは何か 徐友漁(及川淳子訳)
広西文革における大虐殺と性暴力 宋永毅(徐行訳)
中国現代史再考――ロシア革命百年と文革五十年 矢吹晋
革命宣伝画の起源とその展開 中村達雄
座談会 文化大革命と現代世界――矢吹晋氏に聞く
文革研究の今日的意義を問う――あとがきに代えて 鈴木賢
中華人民共和国略年表
執筆者略歴

[執筆者略歴]
石井知章(いしい・ともあき)
1960 年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。共同通信社記者、ILO(国際労働機関)職員を経て、現在、明治大学商学部教授、早稲田大学大学院政治学研究科兼任講師。専門は中国政治。著書に『現代中国政治と労働社会——労働者集団と民主化のゆくえ』(御茶の水書房、日本労働ペンクラブ賞受賞)。『中国革命論のパラダイム転換——K・A・ウィットフォーゲルの「アジア的復古」をめぐり』(社会評論社)他。

徐友漁(じょ・ゆうぎょ)
1947 年生まれ。四川省出身。元中国社会科学院哲学研究所研究員、現在は、米国ニュースクール大学客員研究員。専門は言語哲学、政治哲学、社会思想、文化大革命研究。主な著書に『自由的言説:徐友漁文選』(長春出版社)、『中国当代政治文化與西方政治哲学』(台湾・秀威資訊科技股份有限公司)、『與時代同行』(復旦大学出版社)他。邦訳論文は『中国リベラリズムの政治空間』(勉誠出版)、『現代中国のリベラリズム思潮——1920 年代から2015 年まで』(藤原書店)、『現代中国と市民社会——普遍的《近代》の可能性』(勉誠出版)に掲載。

及川淳子(おいかわ・じゅんこ)
東京都生まれ。日本大学大学院総合社会情報研究科博士後期課程修了、博士(総合社会文化)。桜美林大学グローバル・コミュニケーション学群専任講師。専門は現代中国社会、特に知識人と言論空間。主な著書に『現代中国の言論空間と政治文化——「李鋭ネットワーク」の形成と変容』(御茶の水書房)、翻訳書『劉暁波と中国民主化のゆくえ』(共著、花伝社)他。

宋永毅(そう・えいき)
1949 年生まれ。文革中に「四人組」の張春橋に対する反対運動に参加したため、1971 年から5 年半にわたり監禁された。1989 年に渡米、1992 年コロラド大学ボルダー校東洋文学専攻修士。1995 年インディアナ大学ブルーミントン校図書館情報学専攻修士。1999 年に一時帰国し、文革に関する資料収集を行ったため、再び逮捕、半年後の2000 年1 月に釈放。現在、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校教授(専門図書館員)。専門は歴史学・図書館情報学。著書にHistorical Dictionary of the Chinese Cultural Revolution, Scarecrow Press、『広西文革機密档案資料』(編著、国史出版社)、『文革五十年——毛沢東遺産和当代中国(上・下)』(編著、明鏡出版社)他。

徐行(じょ・こう)
1981 年生まれ。2010 年北海道大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。現在、東京大学東洋文化研究所助教。専門は裁判法・比較法。著書に「現代中国における訴訟と裁判規範のダイナミックス(1)~(5・完)─―司法解釈と指導性案例を中心に」(北大法学論集)、鈴木敬夫編訳『現代中国の法治と寛容——国家主義と人権憲政のはざまで』(第3 編第1、2 章翻訳担当、成文堂)他。

矢吹晋(やぶき・すすむ)
1938 年生まれ。1962 年東京大学経済学部卒。東洋経済新報社記者、アジア経済研究所研究員、横浜市立大学教授を経て、横浜市大名誉教授。東洋文庫研究員、21 世紀中国総研ディレクター、朝河貫一顕彰協会代表理事。著書に『沖縄のナワを解く』(情況出版)、『習近平の夢』(花伝社)、『南シナ海領土紛争と日本』(同)、『対米従属の原点ペリーの白旗』(同)他多数。

中村達雄(なかむら・たつお)
1954 年生まれ。横浜市立大学大学院国際文化研究科博士後期課程単位取得退学。博士(学術)。現在、東京慈恵会医科大学、明治大学非常勤講師。著書に『「中国」の練習』(NHK 出版生活人新書)、論文に「蔣経国の贛南における派閥形成について」(『現代中国』第83 号、現代中国学会、2009 年9 月)など。

鈴木賢(すずき・けん)
1960 年生まれ。北海道大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在、明治大学法学部教授、北海道大学名誉教授。専門は中国法、台湾法。著書に『現代中国相続法の原理』(成文堂)、『中国にとって法とは何か』(共著、岩波書店)、『現 代中国法入門』(第七版、共著、有斐閣)、『現代中国と市民社会』(共編著、勉誠出版)他。

*略歴は刊行時のものです

2,600円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • 特集マルグリット・ユルスナール
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年