中級フランス語 時制の謎を解く

新刊

なぜこんなに時制の種類が多いのか。フランス語話者はどう使い分けているのか。英語や日本語と比較しつつ、時制のしくみをつかむ。

著者 井元 秀剛
ジャンル 新刊
語学書 > フランス語 > 参考書
語学書 > フランス語 > 中・上級
おすすめ
シリーズ 語学書 > 中級フランス語
出版年月日 2017/09/07
ISBN 9784560087534
判型・ページ数 4-6・181ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

内容説明

フランス語のしくみを新たな面からとらえる

なぜこんなに時制の種類が多いのか。フランス語話者はどう使い分けているのか。英語や日本語と比較しつつ、時制のしくみをつかむ。

なぜこんなにたくさんの時制があるのか

フランス語を学習していて驚くことのひとつは、時制の多さではないでしょうか。それぞれの時制に人称ごとの活用があるのですから、覚えるのもたいへんです。なぜこんなにたくさんの時制があるのでしょうか。特に過去形の種類が多いのはなぜでしょうか。これらの時制を、フランス語話者はどのように使い分けているのでしょうか。小説や日常会話から引いた実例をもとに、「どうしてこの時制になるの?」という謎を解きながら、フランス語のしくみをつかんでいきます。

>目次

▼3課 半過去をめぐる謎

[著者略歴]
井元秀剛(いもと ひでたけ)
東京大学大学院人文科学研究科単位取得満期退学。パリ第8大学言語学科修了。現在、大阪大学大学院言語文化研究科教授。専門は認知言語学。著書に『メンタルスペース理論による日仏英時制研究』『フランス語学の最前線1』(以上、ひつじ書房)など。

2,000円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10