レーニン 権力と愛(上)

新刊

最新史料から見える「人間レーニン」とは?妻や愛人、同志や敵、人物模様と逸話を通して、革命の舞台裏と意外な素顔に迫る傑作評伝!

著者 ヴィクター・セベスチェン
三浦 元博
横山 司
ジャンル 新刊
一般書 > 世界史 > 現代史
おすすめ
出版年月日 2017/11/24
ISBN 9784560095850
判型・ページ数 4-6・382ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり

内容説明

人物模様と逸話を通して革命家の素顔を活写

最新史料から見える「人間レーニン」とは? 妻や愛人、同志や敵、人物模様と逸話を通して、革命の舞台裏と意外な素顔に迫る傑作評伝![口絵8頁]

ウラジーミル・レーニンは、史上初の社会主義革命であるロシア革命を成功に導き、多大な影響力を及ぼした革命家だ。レーニンは、後継者と目されたトロツキーやスターリンほか、革命同志の誰にも信を置いていなかったという。レーニンとはどのような人物だったのか? 本書は、書簡などの新史料を駆使して、その人間像と真髄に迫る決定版。
1870年、地元きっての名士の家庭に生まれたレーニンは、恵まれた環境で成長する。兄アレクサンドルへの憧憬、その兄の処刑を契機とする帝政への憤怒、欧州各地での反体制地下運動の組織、国外を転々する亡命生活、第一次世界大戦の勃発、封印列車での帰国と権力掌握など……激動のロシアと国際情勢を絡めながら、レーニンの波瀾に満ちた活躍が読みやすく、精彩に叙述される。
全編の通奏低音に、レーニンと妻ナージャ、愛人イネッサとの三人の生活があり、同志的関係で結ばれ、三者ともに心を許し合っていた。本書は、人間模様と逸話を通して、その人生と時代を活写する傑作評伝。作家は『東欧革命1989』(白水社)のジャーナリスト。

[原題]LENIN THE DICTATOR:An Intimate Portrait

[著者略歴]
ヴィクター・セベスチェン Victor Sebestyen
1956年、ハンガリー・ブダベスト生まれ。幼少時に家族とともに難民として母国を離れる。ロンドンの『イブニング・スタンダード』紙で主任論説委員を務め、『ザ・タイムズ』『デイリー・メイル』など数多くの新聞社で活躍。東欧共産主義政権の崩壊、旧ユーゴスラヴィア紛争などを報道。著作『ハンガリー革命1956』『東欧革命1989 ソ連帝国の崩壊』(以上、白水社)は高い評価を受けている。

[訳者略歴]
三浦元博(みうら・もとひろ)
共同通信社を経て、現在、大妻女子大学社会情報学部教授。主要訳書『東欧革命1989』『レーニンの墓 上・下』『情報戦のロシア革命』『ヤルタからヒロシマへ』『廃墟の零年1945』『地獄の淵から ヨーロッパ史1914-1949』(以上、白水社)ほか。

[訳者略歴]
横山司(よこやま・つかさ)
共同通信社ナイロビ、ロンドン、香港各特派員歴任。主要訳書『キッシンジャー回顧録 中国 上・下』(岩波書店、共訳)。

3,800円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • 特集マルグリット・ユルスナール
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10