スペイン語文法ライブ講義!

新刊

授業をそのままお届け! 軽い語り口、だけど初級終了までしっかりカバー。覚え方&考え方のコツも投入した、読めちゃう文法書です。

著者 加藤 伸吾
アルベルト・ミヤン・マルティン 協力
ジャンル 新刊
語学書 > スペイン語 > 参考書
語学書 > スペイン語 > 入門書・初級文法書
おすすめ
出版年月日 2017/12/22
ISBN 9784560087633
判型・ページ数 A5・212ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり

内容説明

先生が語ってくれるライブ感覚の文法書。読む授業!

授業をそのままお届け! ライブ感あふれる軽い語り口でスペイン語の文法をときほぐす、読めちゃう文法書。こう見えて初級修了までしっかりカバーし、解説もかなり丁寧です。フツーの参考書だとこうは書けないかも、という覚えかた&考えかたのコツも投入しました。普段の講義っぽく脱線や雑談もありますが、それも(たぶん)お役に立つでしょう。初めて学ぶ方、復習したい方、文法に何となく苦手意識のある方にも。

>目次

▼「4 冠詞/形容詞/指示詞」より

[著者略歴]
加藤伸吾(かとう・しんご)
慶應義塾大学経済学部専任講師。専攻はスペイン現代史。上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科国際関係論博士前期課程修了。その後IT業界で勤務後、外務省専門調査員として二年間マドリーに在勤、スペイン国立遠隔教育大学(UNED)社会史・政治思想史学科博士課程修了。帰国後、関東圏の大学でスペイン語、スペイン近現代史に関する講義を担当。上智大学グローバル教育センター特別研究員、関西外国語大学講師を経て現職。単著論文「モンクロア協定と『合意』の言説の生成(1977年6~10月)」(『スペイン史研究』27号所収)ほか。趣味はテニスで、ラファ・ナダル(スペイン)とフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)のファンだが、フォームを真似してしまうので中々上達しない。スペイン語スラング例文とスペイン政治家の名言・迷言収集も。
主要著書:『スペイン語力養成ドリル2000題』(白水社)
Twitter:shingokatou
ブログ:http://shingokatoo.blogspot.com/

1,900円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • 特集マルグリット・ユルスナール
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年