白水社 白水社
書籍の検索 →詳細検索はこちら
 
教科書検索はこちらから買い物カゴを開く
白水社 白水社 白水社
■ トップページ
■ 耳より情報 ■ 新刊情報 ■ おすすめ本 ■ 全集・シリーズ ■ 白水Uブックス ■ 文庫クセジュ ■ 語学書 ■ 雑誌『ふらんす』
■ 岸田國士戯曲賞 ■ パブリッシャーズ・レビュー ■ クラブ白水社 ■ メルマガ「月刊白水社」 ■ 教科書見本 ■ 連載・エッセイ ■ 書店様向けページ ■ 電子書籍
詳細情報
黒田 龍之助 著
U1129 もっとにぎやかな外国語の世界
 [シリーズ:白水Uブックス]


税込価格 1026円 (本体価格950円)
ISBN 978-4-560-72129-2

他のオンライン書店で購入
Amazon.co.jpe-hon紀伊國屋書店
セブンネットショッピングTSUTAYAhonto
丸善&ジュンク堂書店楽天ブックス
もっとことばを! 自宅でできる語学旅行
ジャンル 白水Uブックス/語学
体裁 新書判 並製 188頁
刊行年月 2014-02
内容 この地球には数えきれないほどさまざまな言語がある。文字や音のひびきはもちろん、数え方や名付け方だっていろいろ違う。あなたにぴったりの〈ことば〉を見つける旅に出ませんか。

「いろんな人がいて、いろんな言語を話したり、書いたりしている。そんなことが、ちょっとした発見から実感できるのが、わたしは大好きだ。」(本書より)

外国語の学習を楽しむために
ふだんの生活の中で外国語に触れることは珍しくなくなってきた。駅では中国語やハングルが併記され、コンビニやスーパーにはヨーロッパ各地のお菓子やお酒が並び、雑貨屋では東南アジアやインドの文字が躍っている。ある駅ではアラビア語やポルトガル語で話しかけてくれる証明写真機まである。
この地球には数えきれないほどさまざまな言語がある。右から左へ書く言語やつなげて書く文字、舌打ちがことばの音になっているものもある。数の表わし方だって、「21」は二一(二十一)や弐拾壱とも書けるけど、1「と」20と読む言語もある。そういえばXXIもある。さらに、99を(4×20)+10+9と数えてしまう数学好きな言語だってある。
にぎやかな外国語の世界を旅してみませんか。あなたのそばに溢れている外国語をさらに楽しむために。「知っている言語の数だけ、立派な人間になれる」(ある国のことわざより)。
 [目次]
外国語の世界へようこそ!
 1 みる
コラム 文字の解読/小文字の誕生
 2 きく
コラム 世界の早口ことば/オンドリはどこでも「コケコッコ」か?
 3 かぞえる
コラム どうしてアラビア数字というのか?/1、二、Ⅲ……?
 4 なづける
コラム 名字はなくても困らない?/ロシア語は父親の名前が大切
 5 ことなる
コラム 国際共通語という夢/言語がどんどん消えてしまう
 6 かわる
コラム 音がひっくり返る/失われた文字をもとめて
外国語の世界の歩き方


プロフィール: 黒田 龍之助(くろだ りゅうのすけ)
1964年、東京生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院修了。スラヴ語学専攻。
主要著書『ロシア語のかたち』『ロシア語のしくみ』『ニューエクスプレス ロシア語』『ことばは変わる』(以上、白水社)、『羊皮紙に眠る文字たち』『外国語の水曜日』『その他の外国語』『ロシア語の余白』(以上、現代書館)、『初級ロシア語文法』『ぼくたちの英語』『ぼくたちの外国語学部』(以上、三修社)、『ウクライナ語基礎1500語』『ベラルーシ語基礎1500語』(以上、大学書林)、『はじめての言語学』『世界の言語入門』(以上、講談社現代新書)、『大学生からの文章表現』(ちくま新書)、『外国語をはじめる前に』(ちくまプリマー新書)、『ポケットに外国語を』(ちくま文庫)、『語学はやり直せる!』(角川oneテーマ21)
*データは刊行時のものです

↑ページのトップへ