お知らせ

1~10件 (全259件)

 4/28 芹澤恵さん×山崎まどかさんトーク 『不機嫌な女たち』刊行記念 - 2017.04.04

本屋B&Bウェブサイトより)

芹澤恵さん×山崎まどかさんトーク
「ちやほやされたいタイプ? 愛に突っ走りたいタイプ?」
『不機嫌な女たち』(白水社)刊行記念

キャサリン・マンスフィールドってご存じですか?
あのヴァージニア・ウルフもその才能を認め、「私のライバル」と最大の賛辞を寄せた、20世紀を代表する短篇の名手です。

嫉妬したり、人の心を弄んだり、意地の悪さを発揮したり、脆い現状にしがみついたり……そんな女たちの感情の揺れを繊細にすくいとり、日常に潜む皮肉をぐさりと抉り出す名人、マンスフィールドの日本オリジナル短篇集『不機嫌な女たち』

本書の刊行を記念して、本書訳者の芹澤恵さんとゲストのコラムニスト、山崎まどかさんに、マンスフィールドが描く世界を縦横無尽に語っていただきます。

実は本書収録のある1篇によると、マンスフィールド自身、びっくりするほど波乱に満ちた恋愛経験があったらしいのです。
そんな裏話も、どうぞお楽しみに!

■日時:2017年4月28日(金)20:00〜22:00(19:30開場)
■会場:本屋B&B
□入場料:1500円+1ドリンクオーダー

 ◇お申し込みは本屋B&Bウェブサイトから
  http://bookandbeer.com/event/20170428_mansfield/

[出演者プロフィール]
芹澤恵(せりざわ・めぐみ)
英米文学翻訳家。主な訳書にR・D・ウィングフィールド「フロスト」警部シリーズ、ケヴィン・ウィルソン『地球の中心までトンネルを掘る』(以上、東京創元社)、O・ヘンリー『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』、ジェイムズ・サーバー『傍迷惑な人々』(以上、光文社)、メアリー・シェリー『フランケンシュタイン』(新潮社)、デイナ・ヘインズ『クラッシャーズ 墜落事故調査班』(文藝春秋)、『密林の夢』(早川書房)他多数。

山崎まどか(やまざき・まどか)
コラムニスト・翻訳家。ガールズ・カルチャーに造詣が深い。著書に『オリーブ少女ライフ』(河出書房新社)、『「自分」整理術』 (講談社)、 『イノセント・ガールズ』(アスペクト)。共著『ヤング・アダルトU.S.A』(DU BOOKS)。翻訳に、レナ・ダナム『ありがちな女じゃない』(河出書房新社)、B・J・ノヴァク『愛を返品した男』(早川書房)他多数。https://www.facebook.com/romanticaugogo/で本や映画、音楽カルチャー全般について発信している。

関連書籍はこちら

 4/26第49回「読んでいいとも!ガイブンの輪」豊﨑由美さん×今福龍太さんトーク - 2017.04.03

紀伊國屋書店ウェブサイトより)

第49回「読んでいいとも!ガイブンの輪」
豊﨑由美さん×今福龍太さん(ゲスト)トーク

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称「よんとも」は書評家の豊﨑由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。とびきりのガイブン"目利キスト"である豊﨑さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします。今回は、中川五郎さんのご紹介で、文化人類学者・批評家として活躍されている今福龍太さんをお招きします!

■日時:2017年4月26日(水) 19:00開演/18:45開場
■会場:紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
□定員:50名 ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
□参加料:500円
□参加方法:4月5日(水)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店店頭またはお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)

 ご予約電話番号:03-3354-5702
 紀伊國屋書店新宿本店2階売場直通(10:00~21:00)

 ※当店に繋がる他の電話番号にかけられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
 ※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
 ※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

 ◇紀伊國屋書店ウェブサイト・イベント詳細ページ
  https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20170403100054.html


【出演者プロフィール】
豊﨑由美(とよざき・ゆみ)
ライター、書評家。「GINZA」「TVBros.」「共同通信」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『石原慎太郎を読んでみた』(栗原裕一郎氏との共著、原書房)、『まるでダメ男じゃん!「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。Twitterアカウントは@toyozakishatyou

今福龍太(いまふく・りゅうた)
文化人類学者・批評家。東京外国語大学大学院教授。サンパウロ・カトリック大学客員教授として映像論/偶景論のセミナーを随時担当。
また、群島という地勢に遊動的な学びの場の創造を求めて2002年より巡礼型の野外学舎〈奄美自由大学〉を主宰。主な著書に『ミニマ・グラシア』『群島-世界論』『薄墨色の文法』『ジェロニモたちの方舟』(以上、岩波書店)、『レヴィ=ストロース 夜と音楽』『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』(以上、みすず書房)、『書物変身譚』(新潮社)、『わたしたちは難破者である』『わたしたちは砂粒に還る』(以上、河出書房新社)など多数。最新刊に『クレオール主義〈パルティータ I〉』(水声社)。

 新刊案内(2017年5月刊行分) - 2017.03.29

2017年5刊行分の新刊案内(PDF)をアップいたしました。
注目書籍を取り揃えております。
別紙注文書にて新刊指定お願いいたします。

>新刊案内
>注文書

1~10件 (全259件)

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10