岸田國士戯曲賞

>第59回選考結果発表(2015.2.16更新)

岸田國士戯曲賞は、劇作家・岸田國士の遺志を顕彰すべく、株式会社白水社が主催する戯曲賞。

本賞は、演劇界に新たなる新風を吹き込む新人劇作家の奨励と育成を目的に、1955年に新劇戯曲賞として設置され、1961年には「新劇」岸田戯曲賞、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され今日に至る。

新人劇作家の登竜門とされることから、「演劇界の芥川賞」とも称される。

選考対象は、原則として1年間に雑誌発表または単行本にて活字化された作品とする。ただし、画期的な上演成果を示したものに限って、選考委員等の推薦を受ければ、生原稿・台本の形であっても、例外的に選考の対象とすることがある。

正式名称は「岸田國士戯曲賞」(きしだくにおぎきょくしょう)である。

受賞者には、正賞・時計、副賞・賞金が贈られる。

現在、選考委員は次の7氏である。
岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、松尾スズキ、松田正隆、宮沢章夫(50音順)

【第59回受賞作品】詳細選評受賞作単行本

『トロワグロ』山内ケンジ

>過去の受賞作品一覧

>授賞式中継(アーカイヴ)

ジャンル

シリーズ

  • 白水社創立百周年
  • 特集/マルグリット・ユルスナール