最終回 麗しのジョージ・マロリー(2)

ブルームズベリー・グループの面々と親しかったジョージ・マロリー。E・M・フォースターの小説『眺めのいい部屋』に出てくる重要人物のジョージ・エマソンは、実はマロリーがモデルでした。

マロリーはまた、ケンブリッジでジェフリー・ケインズと仲良くなります。ジェフリーは経済学者ジョン・メイナード・ケインズの弟です。1909年、ジェイムズ・ストレイチーに冷たくされて傷心のマロリーは、滞在先の南仏からメイナードに手紙を書いて10ポンド貸してくれないかと頼み、メイナードはそのとおり送っています。

大学を出てチャーターハウス校の教師になってからも、マロリーは友人の画家ダンカン・グラントに頼まれてヌードのモデルを務めたりします。あるときダンカンはマロリーにこう書きました。

「君に対する僕の感情はあまりに複雑で、なぜかキスすれば伝わると思った。複雑というのは、言葉で説明するのが難しいということ……第一に君は美しいと思う」(注釈付き参考文献)

ちなみに、ピンク色の傘でサイの突撃から逃れたエディ・マーシュ(連載第8回を参照)と会ったのもこのころでした。

このようにいろいろな人の心を揺さぶったマロリーも、数年後には自分がたいそうな恋文を書く側に回ります。チャーターハウス校の近くで上演された野外劇に出たのがきっかけで、共演者のひとりだったルース・ターナーと恋に落ちたのです。のちに結婚することになるルースに宛てた手紙の一部を紹介して、今回は終わりにしましょう。

「[この手紙では、筆記体の輪になっているところが]全部キスで、上や下に突き出ているところは全部、君を抱きしめる腕。手紙を見直して、もっと長くしようか?」(第五章)


イラスト/呉竹ぼみ

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10