温又柔×管啓次郎トークイベント1/29@本屋B&B

本屋B&Bウェブサイトより)

温又柔×管啓次郎「カタコトの夜」
『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社)刊行記念

2009年にすばる文学賞佳作を受賞しデビューを果たした台湾人作家、温又柔さんの待望のエッセイ『台湾生まれ 日本語育ち』が白水社から刊行されました。
本書には、言語とアイデンティティの問題を考えてきた温さんの、デビューから4年の歩みが集約されています。
このたびB&Bでは管啓次郎さんをゲストにお迎えして、コトバ、旅、台湾、そして、ニホンゴについて、お二人で自由に語り合っていただきます。

温さんは2013年、管さん率いる明治大学理工学部大学院生が台湾の馬祖で行なった映像制作ワークショップに同行しました。この旅は、温さんにとってみずからのコトバを探究する重要なきっかけとなったそうです。
本書で温さんはこの馬祖への旅を描いた章の冒頭に、管さんの『オムニフォン―‹世界の響き›の詩学』(岩波書店)からの一節を添えています。

当日は、お二人による台湾に関する詩の朗読も予定。何語が飛び出るかお楽しみに!ニホンゴに浸透する世界の響きに耳を傾ける夜を満喫しましょう。
台湾のビールもご用意します!

■出演:温又柔(作家)、管啓次郎(詩人、比較文学者)
■日時:2016年1月29日(金) 20:00~22:00(19:30開場)
■場所:本屋B&B(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
■入場料:1500円+1ドリンクオーダー

 ◇イベントのご予約は本屋B&Bウェブサイトからお願いします。
  http://bookandbeer.com/event/20160129_katakoto/

[出演者略歴]
温又柔(おん ゆうじゅう)
作家。1980年台湾・台北市生まれ。3歳の時に家族と東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育つ。2006年法政大学大学院・国際文化専攻修士課程修了。09年「好去好来歌」ですばる文学賞佳作を受賞。11年『来福の家』(集英社)を刊行。同年9月白水社のHPで「失われた〝母国語〟を求めて」の連載スタート。(15年5月まで)
2013年音楽家・小島ケイタニーラブと共に朗読と演奏によるコラボレーション活動<言葉と音の往復書簡>を開始(http://www.sunnyboybooks.jp/author/ponto)。同年、ドキュメンタリー映画『異境の中の故郷――リービ英雄52年ぶりの台中再訪』(http://ikyou-kokyou.jimdo.com/)に出演。

管啓次郎(すが けいじろう)
詩人、比較文学者。1958年生まれ。明治大学理工学部教授。ハワイ大学、ニューメキシコ大学、ワシントン大学(シアトル)などで人類学、比較文学を学ぶ。
主な著書に『オムニフォン――<世界の響きの詩学>』(岩波書店)、『ホノルル、ブラジル――熱帯作文集』(インスクリプト)、『斜線の旅』(インスクリプト)、『本は読めないものだから心配するな』(左右社)、『ハワイ、蘭嶼(旅の手帖)』(左右社)、詩集『Agend’Ars』(左右社)四部作など。ドキュメンタリー映画『異境の中の故郷――リービ英雄52年ぶりの台中再訪』をプロデュースした。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2016売上トップ10