日本経済新聞12/11書評『あらゆる文士は娼婦である』

日本経済新聞2016年12月11日付・読書面で
『あらゆる文士は娼婦である ——19世紀フランスの出版人と作家たち』石橋正孝、倉方健作 著
を書評に取り上げていただきました。
評者は、小倉孝誠さん(仏文学者)です。

ジャンル

シリーズ

  • エクス・リブリス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • ニューエクスプレス
  • 白水社創立百周年