中級フランス語 叙法の謎を解く

新刊

叙法とは、直説法・条件法・接続法・命令法などの「述べかた」のこと。「述べかた」が変わると、なにが変わるのか。

著者 渡邊 淳也
ジャンル 新刊
語学書 > フランス語 > 参考書
語学書 > フランス語 > 中・上級
おすすめ
出版年月日 2018/05/11
ISBN 9784560087725
判型・ページ数 4-6・181ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

内容説明

直説法と接続法は、どこが違うのか

叙法とは、直説法・条件法・接続法・命令法など「述べかた」のことです。「述べかた」が変わると、なにが変わるのでしょうか。日本人学習者は、Il faut que je parte.のような接続法を使うよりも、Il faut partir.のように不定法を使ったほうが簡単だ、と思いがちです。しかし、フランス語母語話者の子どもたちが先に覚える言いかたは、接続法のほうなのです。とかく難しいと思われがちな「叙法」について、わかりやすくときほぐします。

>目次

▼1課 叙法とその周辺

[著者略歴]
渡邊淳也(わたなべ じゅんや)
筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科退学。博士(言語学)。現在、筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授。専門はフランス語学、対照言語学。著書に『明快フランス語文法』『フランス語の時制とモダリティ』『コルシカ語基本文法』(以上、早美出版社)、『フランス語学概論』『フランス語学小事典』(以上共著、駿河台出版社) など。

*略歴は刊行時のものです

2,000円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール