三つの空白

太宰治の誕生

新刊

死や別離に彩られ、激しい苦悩と挫折を重ね、空白期を経るたびに異なる世界に脱皮していく作家の姿を、新たな視点で捉え直す

著者 鵜飼 哲夫
ジャンル 新刊
一般書 > 評論・エッセイ(日本)
おすすめ
出版年月日 2018/05/17
ISBN 9784560096284
判型・ページ数 4-6・420ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり

内容説明

空白期の検証から文体や作風の変化を探る

桜桃忌70年。死や別離に彩られ、激しい苦悩と挫折を重ね、空白期を経るたびに異なる世界に脱皮していく作家の姿を、新たな視点で捉え直す。

ぐっと太宰が近づいてくる

2018年6月13日は太宰治没後70年にあたり、2019年6月19日は生誕110年を迎え、東京・井の頭公園には新たな文学館が開設されるという。
現在もなお多くの人々に読み継がれる太宰治だが、自分の人生を啄むようにして小説を書いてきたこの作家には、作品を執筆しない三回の空白期間があり、その空白はいずれも「死」や「別離」に彩られていた。本書は数ある先行書籍があまり指摘してこなかったこの「空白期」にスポットを当て、そこから新たな作家像を探ろうという意欲的な試みに満ちた1冊である。
最初の空白は、昭和2年春、旧制弘前高等学校に進学してからの1年ほどで、翌年5月に「無間奈落」を発表するまで一つも創作を発表していない。
二度目の空白は、昭和5年4月に東京帝国大学仏文科進学後、「学生群」を7月から11月まで連載した後、昭和8年2月に短編「列車」を発表するまでの2年以上の長い期間である。
第三の空白は昭和10年鎮痛剤中毒に陥って苦闘生活が続き、井伏鱒二の紹介で石原美知子と結婚するまでの時期。この三つ目の空白を経て、結婚を機に生活を建て直し、「富嶽百景」に始まる明るい佳品が生まれる。
読売新聞名物記者の筆さばきが、ぐっと太宰を読者に近づけていく。

[著者略歴]
鵜飼哲夫(うかい・てつお)
1959年名古屋市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。1983年読売新聞社に入社。1991年から文化部記者として文芸、読書面を担当。現在読売新聞東京本社編集委員。著書に『芥川賞の謎を解く 全選評完全読破』(文春新書)。

*略歴は刊行時のものです

3,000円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール