ガンディーとチャーチル(上)

1857-1929

新刊

戦争と平和、革命と反動、英雄と民衆――二十世紀とは果たして何だったのか?二人の巨人の人生行路から眺めた一大記念碑。

著者 アーサー・ハーマン
田中 洋二郎 監訳
守田 道夫
ジャンル 新刊
一般書 > 世界史 > 現代史
おすすめ
出版年月日 2018/06/21
ISBN 9784560096413
判型・ページ数 4-6・410ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり

内容説明

敗者たちが創った、新たな時代(ニューエイジ)

戦争と平和、革命と反動、英雄と民衆――二十世紀とは果たして何だったのか? 二人の巨人の人生行路から眺めた一大記念碑。平川祐弘解説(下巻収録)
[口絵10頁]


ヴィクトリア朝末期に大英帝国の中心と辺境でそれぞれ生を受けたガンディーとチャーチル。一方は非暴力不服従運動の「マハートマ」(偉大な魂)として祈る姿、他方は第二次世界大戦でヒトラーを打ち破った「Vサイン」で印象深い。
生まれも育ちも異なる二人は、運命に引き寄せられるように、その人生で何度もすれ違い、また一度だけ直接出会ったこともあった。
本書は、大英帝国の最盛期、イギリス・インド・南アフリカで二人がどのように生まれ、覚醒し、そして敗北していったかを描いた一大ノンフィクションである。
その大きな柱になっているのは、ヴィクトリア朝末期に台頭した「ニューエイジ運動」である。ガンディーは弁護士になるためロンドンに留学中、交霊術や神智学で名を馳せたブラヴァツキー夫人によって初めて「インド」を発見する。他方、チャーチルは、ウェッブ夫妻やロイド・ジョージらとともに自由党急進派として、社会的帝国の建設に打ち込んだ。
大英帝国の栄光に邁進した二人にその後何が起きたのか? ボーア戦争の辛勝とヴィクトリア女王の死によって翳った二人の人生を辿る。上巻はシパーヒーの叛乱から世界恐慌まで。ピュリツァー賞最終候補作。

[上巻目次]
地図 
年表
用語

プロローグ
第一章 チャーチル家とラージ
第二章 ランドルフ卿、実権を握る
第三章 権力の幻影——ガンディー家、インド、英国支配
第四章 目覚め——ロンドンと南アにおけるガンディー 一八八八~一八九五
第五章 目覚めⅡ——インドのチャーチル 一八九六~一八九九
第六章 戦いにおける人々 一八九九~一九〇〇
第七章 一点に集中する道 一九〇〇~一九〇六
第八章 短い出会い 一九〇六~一九〇九
第九章 転換点 一九〇九~一九一〇
第十章 分かれ道 一九一一~一九一四
第十一章 はるかなる橋頭堡 一九一四~一九一五
第十二章 ガンディーの戦い 一九一五~一九一八
第十三章 流血の惨事 一九一九~一九二〇
第十四章 非協力 一九二〇~一九二二
第十五章 運命の逆転 一九二二~一九二九


索引

[著者略歴]
アーサー・ハーマン
1956年生まれ。米ミネソタ大学卒業後、ジョンズ・ホプキンズ大学で修士号と博士号を取得。『近代を創ったスコットランド人』(守田道夫訳、昭和堂)は全世界で35万部発行され、本書『ガンディーとチャーチル』はピュリツァー賞最終候補になるなど、アメリカを代表する歴史家。このほか、Douglas MacArthur: American Warriorがある。

[監訳者略歴]
田中洋二郎(たなか・ようじろう)
印ネルー大学大学院修了、国際交流基金勤務。

[訳者略歴]
守田道夫(もりた・みちお)
東京大学経済学部卒業、丸紅勤務を経て翻訳家。

*略歴は刊行時のものです

4,000円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール