新訳ベケット戯曲全集2 ハッピーデイズ

実験演劇集

新刊

「しあわせな日々」の新訳をはじめ「クラップの最後の録音」「プレイ」「わたしじゃないし」など、空前絶後の実験劇17作品を収録!

著者 サミュエル・ベケット
岡室 美奈子
長島 確
木内 久美子
久米 宗隆
鈴木 哲平
西村 和泉
ジャンル 新刊
一般書 > 海外文学
一般書 > 演劇 > 海外戯曲
おすすめ
出版年月日 2018/09/26
ISBN 9784560093320
判型・ページ数 4-6・388ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり

内容説明

わかりやすく楽しい、21世紀のベケット!

「しあわせな日々」の新訳をはじめ「クラップの最後の録音」「プレイ」「わたしじゃないし」など、空前絶後の実験劇17作品を収録!

空前絶後の美しすぎる「実験劇」

『ゴドーを待ちながら』についでメジャーで、ベケットの戯曲で最も美しい作品のひとつであるとされる「ハッピーデイズ」が表題作! 誰も見たことも聴いたこともない世界の創造にかけては天才的なベケットによる、空前絶後の実験演劇17作品すべてを(超短篇もふくめ)一挙収録。
女性が土のなかに埋まっていく劇(「ハッピーデイズ」)、誕生日にみずからの行動や思索をテープに吹き込むことを習慣としている男の劇(「クラップの最後の録音」)、壺から顔だけ出した男女三人が三角関係を語る劇(「プレイ」)、極小ドラマ(ドラマティキュル)と銘打たれた劇(「行ったり来たり」)、闇に浮かぶ「口」だけがトーキングマシンのように言葉をしゃべりつづける劇(「わたしじゃないし」)……。
「ハッピーデイズ」「クラップの最後の録音」「だまって演じる1」「だまって演じる2」「プレイ」「行ったり来たり」「息」「わたしじゃないし」「あのとき」「あしおと」「演劇のためのスケッチ1」「演劇のためのスケッチ2」「ピース・オブ・モノローグ」「ロッカバイ」「オハイオ即興曲」「カタストロフィー」「なにをどこで」の収録順。巻末に各作品の解説付き。

4,200円+税

ネット書店を選択

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA online

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

ジャンル

シリーズ

  • 本の日
  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール