お知らせ

1~10件 (全403件)

 『ふらんす』2018年度のお知らせ - 2018.02.22

『ふらんす』2018年度のお知らせ

>定期購読のお申込はこちらから

2018年4月号は30ページ増大〈CD付〉
特別定価(本体952円+税)2018年3月22日頃発売予定

特集「フランス語、どこで学びますか?」
編集部総力挙げての特集40ページ! 特製Abécédaireで、フランス語学習に関するA to Zをご紹介。釣馨さん、武内英公子さん、ジスラン・ムートンさんの読み切り会話集(CD収録)の他、全国の語学学校、各種試験、留学情報などの保存版「フランス語いろいろ情報」も掲載!

連載:語学系記事
4月号に年間の音源が収録されているのは、Sophie KUBOTAさんの「フランス語でインタビューを聞いてみよう」、歌手Sublimeさんの「Jʼaime la poésie !」の2本。また久保田剛史さんの「アプリでフランス語!」、Janick MAGNEさんの「ジャニックの紫陽花通信」、林千宏さんの「仏検3級対策」も始まります。「ふらんす」の読者にはおなじみのChris BELOUADさんの作文ラボも帰ってきます。名づけて「Café-traduction」。「対訳で楽しむ」(全6回)は、高橋信良さんによるジョエル・ポムラの戯曲『赤ずきんちゃん』です。人気連載、福島祥行さん&國枝孝弘さんの「ヨシとクニーのかっ飛ばし仏語放談」、伊勢晃さん、谷口千賀子さん、Benjamin SALAGNONさんの「街角のフランス語を読んでみよう」、Karyn NISHIMURA-POUPÉEさんとじゃんぽ~る西さんによる夫婦連載「C'est vrai ?/フランス語っぽい日々」はもちろん健在。「ことばのあそびば」(Marie-Emmanuelle村松さんと杉村裕史さんが隔月で担当)は、今年も図書カードがあたる抽選クイズ付です。「ふらんす」名物、中条志穂さんの「対訳シナリオ」では、ひきつづき最新のフランス語映画をお届けしていきます。

連載:文化系記事
表紙連載は、ポーラ美術館学芸員の今井敬子さんによる、大好評の「レオナール・フジタ〈小さな職人たち〉」が続きます。加賀野井秀一さん「メルロ・ポンティを読む」、平尾浩一さん「考える人のための事典・辞書」、山崎春美さん&渡邊未帆さん「マグリブ中毒者の告白」、倉方健作さん「ぐるりマレショー物語」など新連載も始まります。ル・モンド・ディプロマティーク日本版編集部による「Le Monde diplomatiqueで世界を読む」、福田桃子さん、鈴木和彦さん、笠間直穂子さん、新島進さんによる「今月の原書レクチュール」、鹿島茂さんの「パリ風俗事典」、作家3名による月替わりのリレーエッセイ(多田爺さん「墓碑銘」、坂崎重盛さん「パリジェンヌと行く東京の居酒屋」、豊﨑由美さん「でたらめ解釈 おかしな歌詞」)、歌手の友川カズキさんと作家の平松洋子さんの往復書簡も継続! 在仏執筆陣によるアクチュアリテ(「政治」「社会」「映画」「アート&スペクタクル」「」「スポーツ」の6本)や書評、情報ページ「さえら」もますます充実。どうぞご期待ください! 

(内容は一部変更になることがあります)

>定期購読のお申込はこちらから

 第62回岸田國士戯曲賞受賞作発表 - 2018.02.16

第62回岸田國士戯曲賞は、神里雄大『バルパライソの長い坂をくだる話』、福原充則『あたらしいエクスプロージョン』が受賞作と決まりました。
https://www.hakusuisha.co.jp/news/n23583.html

 日本経済新聞2/10書評『ソロ』 - 2018.02.14

日本経済新聞2018年2月10日付・読書面で
『ソロ』[エクス・リブリス]ラーナー・ダスグプタ 著/西田英恵 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、中村和恵さん(比較文学者)です。

関連書籍はこちら

 4/17 国際メンタルヘルスセミナー『うつ病』著者来日 - 2018.02.07

2018年4月17日、京都大学で国際メンタルヘルスセミナーが開催されます。
『うつ病』の著者パスカル=アンリ・ケレールさん、訳者の阿部又一郎さんが登場します。ぜひ足をお運びください。

■日時:2018 年4 月17 日 (火) 17:30-19:30
■会場:京都大学(吉田南キャンパス)
    人間・環境学研究科棟(89 番)333 教室


■主催: 松本卓也+ニコラ・タジャン
    京都大学大学院人間・環境学研究科

■申込み方法、問い合わせ先はこちら
電話:075-753-7531(代)から(京都大学)人間・環境学研究科の松本卓也まで。
メール(下記リンク先サイトでご確認下さい):
https://www.h.kyoto-u.ac.jp/academic_f/faculty_f/111_matsumoto_t_0/

関連書籍はこちら

 2/23 李昂さん『海峡を渡る幽霊』刊行記念・来日トークイベント - 2018.02.06

(台湾文化センターのウェブサイトより)

フェミニズム文学『夫殺し』『自伝の小説』などで知られる台湾の作家、李昂(リー・アン)著『海峡を渡る幽霊』(藤井省三訳)が刊行されます。これにあわせ、著者を迎えてトークイベントを開催します。

李昂は、英・仏・独・韓・スウェーデン語など世界各国で翻訳刊行され、いま最も著名な台湾の女性作家です。本書は、台湾の近代化と社会の問題を女性の視点から描いてきた李昂の代表的な八篇を独自に選んだ、オリジナル短篇小説集です。幽霊と「女性」との因果からグルメの政治学に至るまで、大いに語っていただきます。聞き手は訳者の藤井省三先生(東大文学部教授)。

 □日時:2018年2月23日(金)19:00〜
 □会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(東京メトロ虎ノ門駅より徒歩1分)
 ■定員:80名(入場無料、予約制。30分前開場、自由席)
    下記リンクよりご予約ください。
    https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_80029.html

出演者:

李昂(Li Ang リー・アン)
1952年、台湾西海岸中部にある古都・鹿港で生まれた。70年、台北の文化大学哲学部に入学、75年、アメリカ・オレゴン州立大学演劇コースの大学院に留学、78年に帰国後は旺盛な創作活動のかたわら、コラムニスト、テレビ評論家としても活躍。主要作に、人々を呪縛する土俗的習俗や情念を殺人事件を通じて描く『夫殺し』(藤井省三訳、国書刊行会、1993年)、旧家に生まれた現代女性を主人公として高度経済成長時代の台湾を描く『迷いの園』(藤井省三監修、櫻庭ゆみ子訳、国書刊行会、1999年)、実在の台湾共産党女性指導者の謝雪紅(1901~70)を主人公とする政治とセックスの小説『自伝の小説』(藤井省三訳、国書刊行会、2004年)などがある。2004年にフランス政府より芸術文化勲章騎士勲功を授賞されたほか、台湾では連合報中篇小説賞、呉三連文学賞などを受賞。

藤井省三(ふじい・しょうぞう)
1952年、東京都生まれ。桜美林大学文学部助教授を経て88年東京大学文学部助教授、94年同教授。日本学術会議会員(2005-14年)。専攻は現代中国語圏の文学と映画。主な著書に、『魯迅と日本文学――漱石・鷗外から清張・春樹まで』、『中国語圏文学史』(以上、東京大学出版会)、『村上春樹のなかの中国』(朝日新聞社)、『台湾文学この百年』(東方書店)、『中国映画 百年を描く、百年を読む』(岩波書店)ほか多数。主な訳書に、李昂『夫殺し』(宝島社)、『自伝の小説』(国書刊行会)、『迷いの園』(監修、国書刊行会)、魯迅『故郷/阿Q正伝』、『酒楼にて/奔月』(以上、光文社)、莫言『酒国』(岩波書店)、『透明な人参』(朝日出版社)ほか多数。

関連書籍はこちら

 朝日新聞2/4書評『アメリカの汚名』 - 2018.02.05

朝日新聞2018年2月4日付・読書面で
『アメリカの汚名 ——第二次世界大戦下の日系人強制収容所』リチャード・リーヴス 著/園部 哲 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、保阪正康さん(ノンフィクション作家)です。

関連書籍はこちら

 産経新聞2/4で紹介『バー「サンボア」の百年』 - 2018.02.05

産経新聞2018年2月4日付・読書面で
『バー「サンボア」の百年』新谷 尚人 著
をご紹介いただきました。

関連書籍はこちら

1~10件 (全403件)

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • 特集マルグリット・ユルスナール
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年