お知らせ(メディアで紹介されました)

11~20件 (全243件)

 読売新聞8/19書評『世紀の小説『レ・ミゼラブル』の誕生』 - 2018.08.20

読売新聞2018年8月19日付で、
『世紀の小説『レ・ミゼラブル』の誕生』デイヴィッド・ベロス 著/立石 光子 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、鈴木幸一さん(インターネットイニシアティブ会長CEO)です。

関連書籍はこちら

 毎日新聞8/19書評『冬将軍が来た夏』 - 2018.08.20

毎日新聞2018年8月19日付で、
『冬将軍が来た夏』甘耀明 著/白水 紀子 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、張競さんです。

関連書籍はこちら

 毎日新聞8/19書評『ここにいる』 - 2018.08.20

毎日新聞2018年8月19日付で、
『ここにいる』王 聡威 著/倉本 知明 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、川本三郎さんです。

関連書籍はこちら

 日本経済新聞8/18書評『冬将軍が来た夏』 - 2018.08.20

日本経済新聞2018年8月18日付で、
『冬将軍が来た夏』甘耀明 著/白水 紀子 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、福嶋亮大さん(文芸評論家)です。

関連書籍はこちら

 毎日新聞7/29で紹介『コルシア書店の仲間たち』『ある家族の会話』 - 2018.07.30

毎日新聞2018年7月29日付「今週の本棚」の鼎談「須賀敦子の世界」(評者:木村由美子氏、松山巖氏、湯川豊氏)で、
『コルシア書店の仲間たち』須賀 敦子 著(推薦・松山氏)
『ある家族の会話』ナタリア・ギンズブルグ 著/須賀 敦子 訳(推薦・木村氏)
を取り上げていただきました。

関連書籍はこちら

 日本経済新聞7/28書評『奥のほそ道』 - 2018.07.30

日本経済新聞2018年7月28日付で
『奥のほそ道』リチャード・フラナガン 著/渡辺 佐智江 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、武田将明さん(英文学者)です。

関連書籍はこちら

 朝日新聞7/21書評『奥のほそ道』 - 2018.07.23

朝日新聞2018年7月21日付で
『奥のほそ道』リチャード・フラナガン 著/渡辺 佐智江 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、諸田玲子さん(作家)です。

関連書籍はこちら

 朝日新聞7/21で紹介『家族の秘密』 - 2018.07.23

朝日新聞2018年7月21日付・読書面の新書紹介欄で
『家族の秘密』[文庫クセジュ]セルジュ・ティスロン 著/阿部 又一郎 訳
をご紹介いただきました。

関連書籍はこちら

11~20件 (全243件)

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール