読売新聞9/30付で『ペルペトゥアの殉教』が紹介されました

読売新聞2018年9月30日付で、
『ペルペトゥアの殉教 ——ローマ帝国に生きた若き女性の死とその記憶』ジョイス・E・ソールズベリ 著/後藤 篤子 監修/田畑 賀世子 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、宮下志朗さん(仏文学者/放送大客員教授)です。

ジャンル

シリーズ

  • 本の日
  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール