お知らせ(メディアで紹介されました)

1~10件 (全243件)

 日本経済新聞9/15付で『引き裂かれた大地』が紹介されました - 2018.09.18

日本経済新聞2018年9月15日付で
『引き裂かれた大地 ——中東に生きる六人の物語』スコット・アンダーソン 著/貫洞 欣寛 訳・解説
を書評に取り上げていただきました。
評者は、高橋和夫さん(国際政治学者)です。

関連書籍はこちら

 読売新聞9/9付で『ぼくの兄の場合』が紹介されました - 2018.09.10

読売新聞2018年9月9日付で
『ぼくの兄の場合』[エクス・リブリス]ウーヴェ・ティム 著/松永 美穂 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、土方正志さん(出版社「荒蝦夷」代表)です。

関連書籍はこちら

 読売新聞9/9付で『ジャズのことばかり考えてきた』著者・児山紀芳さんインタビュー - 2018.09.10

読売新聞2018年9月9日付「著者来店」欄で、
『ジャズのことばかり考えてきた』著者の児山紀芳さんが紹介されました。

関連書籍はこちら

 毎日新聞9/9付で『風の演劇』が紹介されました - 2018.09.10

毎日新聞2018年9月9日付で
『風の演劇 ——評伝別役実』 内田 洋一 著
を書評に取り上げていただきました。
評者は渡辺保さんです。

関連書籍はこちら

 東京新聞9/2付で『インド夜想曲』が紹介されました - 2018.09.03

東京新聞2018年9月2日付・読書面「記者の1冊」で
『インド夜想曲』アントニオ・タブッキ 著/須賀 敦子 訳
をご紹介いただきました。

関連書籍はこちら

 東京新聞9/2付で『ぼくの兄の場合』が紹介されました - 2018.09.03

東京新聞2018年9月2日付で
『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム 著/松永 美穂 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、四元康祐さん(詩人)です。

関連書籍はこちら

 読売新聞9/2付で『奥のほそ道』が紹介されました - 2018.09.03

読売新聞2018年9月2日付で
『奥のほそ道』リチャード・フラナガン 著/渡辺 佐智江 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は、本郷恵子さん(中世史学者・東京大教授)です。

関連書籍はこちら

 朝日新聞8/25付で『力の追求』(上・下)が紹介されました - 2018.08.27

朝日新聞2018年8月25日付で
『力の追求 ——ヨーロッパ史1815-1914』(上下)
[シリーズ近現代ヨーロッパ200年史全4巻]
リチャード・J・エヴァンズ 著/井出 匠、大内 宏一、小原 淳、前川 陽祐、南 祐三 訳
を書評に取り上げていただきました。
評者は西崎文子さん(東京大学教授・アメリカ政治外交史)です。

関連書籍はこちら

1~10件 (全243件)

ジャンル

シリーズ

  • webふらんす
  • エクス・リブリス
  • ニューエクスプレスプラス
  • ライ麦畑でつかまえて
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • 白水社創立百周年
  • 白水社2017年売上トップ10
  • 特集マルグリット・ユルスナール